義理チョコってもともとなんなんだろう?

通っている学校や勤務先において、バレンタインデー近くに義理チョコを用意することもよくあるでしょう。
男性のほうの話として、義理でも大丈夫なのでできるだけチョコレートが貰えたらありがたいと思う人も少なくないようです。
そもそも、なぜ本命でもないのにチョコレートを贈る「義理チョコ」と称されるものがあるのかということに対して疑問に思った人もいるのではないでしょうか。
この仕組みは、自分と関わることへの感謝としてであったり、友達にやるためのチョコレートという位置づけになるようです。

注意点としては、ちゃんと義理であることが分かるようにあげることが重要です。
渡す側の思いとは違い、本命チョコだと誤解されて、面倒なことになってしまうかもしれません。
さしあたって、義理チョコとして渡すのに手作りのものを用意したり、値段の高いチョコレートをセレクトすることはしないほうが安全です。
バレンタインデーに自ら作ったチョコレートをあげるというのは、本命が相手というケースが一般的です。
どれほど義理チョコであることを力説しても、市販のチョコじゃないとわかれば、相手は勘違いする可能性があります。
なお、義理チョコであってもホワイトデーになるとお返しを準備するという男性も数多くいるため、高すぎるものを義理で受け取ってもプレッシャーになるだけです。
多くの場合、義理チョコをもらったときのお返しは、数百円、あるいはどんなに上に見積もっても千円~二千円くらいなので、高すぎるチョコレートはやめておくべきでしょう。
バレンタインデー付近になると義理チョコ専用の販売所もできますので、そのようなコーナーで明確に義理だと分かるものを購入すると良いでしょう。

Posted in 未分類

コメントは受け付けていません。